tel&mail_back.jpgmail.jpgtel.jpgtel&mail_back.jpgmailicon.jpg

rogo.jpgspacer.gif

リンケンは、高津川流域の木と自然素材を使った木の家を提案する、柿木村のちいさな工務店です。

hedder_kashikoku.jpg

ちいさな家で大きく暮らす。

p19(再生の家・リビングダイニング).jpgいい家を納得できる価格で手に入れるには、まず無駄を省く必要があります。一番の無駄は余分なスペース。使えない空間をつくらないことが施工面積を抑え、ひいては工事費用を抑えることにつながります。廊下で部屋をつなぐプランニングでは、廊下のスペースも間仕切り壁も必要になりますが、ひとま空間のつながり間取りなら、廊下も間仕切り壁もつくる必要がありません。さらに、パッシブソーラーで家全体を暖房すれば、部屋ごとの暖房器具も必要なくなります。
小さくても豊かに暮らすことができる家づくり、リンケンスタイルの基本はここにあります。

補助金や助成金を上手に使う。

長期優良住宅という制度があるのをご存じですか?
簡単にいうと、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた優良な住宅。それを「長期優良住宅」と呼んでいます。具体的には、構造躯体の劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性の性能を有し、かつ、良好な景観の形成に配慮した居住環境や一定の住戸面積を有する住宅ということになるのですが、この認定を受けた住宅を建てると、国から補助金が出る仕組みになっています。これまでの壊しては建て直す家づくりから、長持ちする家づくりに国が舵を切ったわけです。
cyoki.jpg
さらに、高津川流域の材を使えば、その助成金も手に入れることができます。

リンケンが取り組んでいるのは、この地元の材を使った「長期優良住宅」と呼べる家づくり。いい家を建てて補助金ももらえる、まさにかしこく家づくりの方法です。

menu01.jpgmenu01.jpg
menu02.jpgmenu02.jpg
menu03.jpgmenu03.jpg
menu05.jpgmenu05.jpg
menu00.jpg
menu00.jpg
menu06.jpgmenu06.jpg
menu07.jpgmenu07.jpg
menu16.jpgmenu16.jpg
menu08.jpgmenu08.jpg
menu10.jpgmenu10.jpg
menu00.jpg
menu00.jpg
menu11.jpgmenu11.jpg
menu12.jpgmenu12.jpg
menu13.jpgmenu13.jpg
menu14.jpgmenu14.jpg
menu15.jpgmenu15.jpg
menu00.jpg
menu00.jpg
menu00.jpg
menu00.jpg
menu00.jpg